普段の生活にGLP-1をプラスするだけで、体質が改善!理想の体へ

GLP-1について

GLP-1とは
別名「痩せるホルモン」

GLP-1は食事を摂ると小腸から分泌され、インスリンの分泌を促す働きがあるホルモンの1つです。GLP-1には血糖値のコントロールと食欲を抑制するはたらきがあり、別名「痩せるホルモン」と呼ばれています。GLP-1は、血糖が高くなった時のみインスリン分泌を促し、逆に血糖が低くなると血糖が下がりすぎないように調節してくれる作用があります。

太っている人と痩せている人との違いとは?

「痩せるホルモン」GLP-1が体内に少ないと太りやすいのです

GLP-1の分泌量には個人差があり、分泌量が少ない人は太りやすく、分泌量が多い人は痩せやすいというように体質にも影響をもたらしているのです。

肥満のリスク

肥満を放置すると病気リスクが上昇!
通院・入院費も莫大な金額になる可能性も

厚生労働省の調査によりますと、20歳〜60歳代の男性で287%・女性で21.3%が肥満体とされています。肥満は、生活習慣病(高血圧・脂質鬼常症など)を引き起こします。そのまま放置していると、脳卒中・心筋梗塞などで命を落とす可能性が高まりますので、肥満の方は病気になる前に、早めの対策を行いましょう。

ダイエットを失敗ばかりして諦めてしまってる方も大丈夫!

GLP-1で理想の体へ

つらい食事制限はありません

食欲を抑制する効果があるので、少ない食事量で満腹感を得られます。つらい食事制限で続かなくなることはありません。

無理な運動をする必要がありません

自然に食事量が減るので、無理な運動を頑張る必要はありません。気軽に取り組むことができます。

太りにくい体質へ!GLP-1の仕組み

GLP-1は肥満症治療薬(ダイエット薬)であり、糖尿病治療薬ではありません。世界各国で認可され、高度肥満症の方、もしくは肥満症でかつ肥満に関連する疾患がある方にダイエット目的に処方されています。

GLP-1を定期的に
摂取するだけ!簡単ダイエット

GLP-1の効果で自然に食欲が落ち、 少量の食べ物で満足します

胃腸の動きを抑制、満腹感が持続します

脂肪分解を促進し、熱産生を増やします

太りにくい体質に改善します

糖尿病予防・治療や心機能増強など 全身の臓器に様々な良い効果を発揮します

GLP-1は2種類!経口摂取と注射タイプがございます

錠剤タイプ

錠剤タイプのGLP-1メディカルダイエット薬です。起床時、空腹の状態で1日1錠服用してください。

注射タイプ

注射タイプのGLP-1メディカルダイエット薬です。1日1回、自己注射をしてください。針とアルコールは1ヶ月分を付けてお送りしております。追加分をご希望の方はご連絡ください。

GLP-1について様々な誤解がありますが

ご安心ください

依存性や薬剤耐性はありません

ダイエット薬のサノレックス(成分名:マジンドール)は、依存性の問題や、耐性ができて時間経過とともに体重減少効果が低下するなどの問題がありましたが、サクセンダは、依存性がなく耐性もほとんど起こらないとされています。

「低血糖が起こって危険」は誤解です

サクセンダは糖尿病薬ではなく肥満症治療薬ですので、数多くの非糖尿病の肥満患者に用いられています。GLP-1受容体作動薬は、血糖値が高い時にだけインスリン分泌作用や血糖抑制作用を示すため、低血糖を起こしにくい薬剤として認知されていますのでご安心ください。

アメリカでは抗肥満薬として承認されており、医学的にも安全なお薬です

GLP-1は、脳内にある食欲をつかさどる神経に対して食欲を抑えるように働きかけるホルモンです。日本では糖尿病の治療薬・アメリカでは抗肥満薬として承認されており、医学的にも安全なお薬です。

いつでも好きな時間に好きな場所でオンライン診療可能
2回目以降も定額で安心してご購入いただけます

こだわり抜いた品質と価格で
自信を持っておすすめいたします