ピル

(アフターピル・低用量ピル・ミニピル)

毎日服用することで、高い避妊効果が期待できるピルですが、生理痛・PMS(月経前症候群)の緩和・生理不順を整えるなど、女性特有の辛い症状を改善する効果も見込まれます。
また、コンドームを用いた避妊などに失敗したときにも、緊急避妊薬としてピルが使用されます。ピルは全ての女性が必ず服用するべき、というわけではありませんが、女性の不調やトラブルを解決する味方と考えることはできます。
まずは、ピルの種類や効果などについて、正しい知識を持っておきましょう。

3種類のピルについて

これまでピルといえば、「アフターピル」と「低用量ピル」の2つに分けられてきました。
当院では、これまでの2種類に加え、ミニピルの処方を開始し、患者様にさらなる選択肢をご提案します。
それぞれ、どのようなときに使用するのかを詳しくご説明いたします。

アフターピル

アフターピルは「緊急避妊薬」と呼ばれており、避妊に失敗したときに用いられます。
「コンドームが破れてしまった」「低用量ピルの服用を忘れていた」など、妊娠する可能性がある場合に服用します。
アフターピルは、排卵や着床を阻害する働きを持っており、
避妊の失敗から24時間以内、遅くとも72時間以内に服用することで、高確率で避妊が成立します。

低用量ピル(経口避妊薬)


低用量ピルは、毎日服用することで、高い避妊効果を発揮します。 低用量ピルには避妊効果だけでなく、生理痛やPMS(生理前に起こる身体や心の不調)の軽減月経量の減少月経移動(生理日をずらす)にも効果が期待できます。服用を毎日続けることで、これらの効果を得ることができ、女性の身体や心のあらゆる不調を取り除くことが見込まれます。

ミニピル


ミニピルは、女性ホルモンのエストロゲンを含まない、プロゲステロンのみの単独ホルモン剤です。 ミニピルは毎日、同じ時間に服用することで、低用量ピルにも劣らない高い避妊効果が得られます。 有効成分であるデソゲストレルには、排卵を抑える効果がある他に、子宮頸管粘膜を変化させて、精子の侵入を防いで受精を阻止する働きもあります。 さらに、子宮内膜が厚くなることもなく、受精卵の着床を防ぐ効果も期待できるのです。 エストロゲンを含まないことから、これまで低用量ピルの適用とならなかった喫煙者の方や、35歳以上の方、BMIが高い方でも医師の指示の下、安全に服用することが可能です。

ピルによる避妊のしくみ

アフターピルとは

緊急避妊薬は、避妊をしなかった、もしくは避妊はしたけれども失敗してしまった時に、その性行為が行われた72時間以内に服用する黄体ホルモン剤のことです。
「アフターピル」「モーニングアフターピル」とも呼ばれ、推奨されている時間内にできるだけ早く服用することで、妊娠を阻止する効果が期待できるお薬です。 薬の種類によって妊娠阻止率は違いますが、72時間(3日)以内の服用で約70%以上と言われています。 当院で処方しているアフターピルは副作用が少なく、避妊の効果が高い「レボノルゲストレル錠」です。 レボノルゲストレル錠は2011年に日本で初めて承認されたアフターピル「ノルレボ錠」のジェネリック医薬品です。

 ■排卵を遅らせる

ノルレボ錠を服用することで排卵が数日抑えられ、受精の機会をなくし妊娠を阻止します。

■受精卵が子宮に着床するのを防ぐ

 性行為後、仮に排卵し受精卵となってしまっても、子宮内膜の増殖を防ぎ、受精卵が着床するのを防ぎ、妊娠を阻止します。
妊娠阻止率とは、排卵日付近の妊娠しやすい時期(一般的に「危険日」と言われる頃)の性交渉で、妊娠を防ぐ確率のことです。
アフターピルを服用したからといって100%妊娠を回避できるものではありませんが、最新の報告では、妊娠率0.7%、妊娠阻止率は90.1%と高い効果が認められています。

妊娠の可能性のある性行為後、72時間以内にアフターピルを1錠服用します。
服用する時刻や時間帯は特に定められていませんが、アフターピルは服用が早ければ早いほど避妊効果はより高くなりますので、少なくとも性行為後24時間以内には服用することをおすすめいたします。
ヤッペ法と比べると「ノルレボ錠」は吐き気・嘔吐などの副作用も格段に少なく、1回の服用で済むので、非常に簡便で、効果・安全性ともに優れた方法です。

副作用

吐き気・嘔吐・頭痛・倦怠感・疲労・胸の痛み・生理不順・下腹部痛・不正出血


ほとんどありませんが、
稀に上記のような副作用があらわれる可能性があります。

あくまでも、この避妊法は「避妊しなかった!」「失敗した!」「やっぱり、不安…」といった予期せぬ性行為にのみ使用するもので、服用後の性行為に効果はありません。 一時的に体のホルモンバランスを乱しますので、何度も繰り返すことは出来るだけ避けてください。

低用量ピルとは

トリキュラー5_アートボード 1

トリキュラーは低用量ピル(経口避妊薬)の一種です。
飲み続けることで避妊効果や生理痛の緩和が期待できます。
トリキュラーは黄体ホルモン「レボノルゲストレル」を配合した第二世代の経口避妊薬です。
第二世代のピルには、不正出血が起こりにくい特徴があります。
また、トリキュラーは「3相性ピル」にも分類される薬です。
3相性とは服用期間を通して、ホルモン配合量の異なる3種類の錠剤を飲むことを意味します。

■避妊効果

99%以上の避妊効果が期待できます。 妊娠には卵子の排卵が必要です。トリキュラーの服用で血液中の黄体ホルモン・卵胞ホルモンが増加すると、脳がすでに妊娠していると錯覚をして排卵がストップします。 避妊効果が期待できるのは、服用を開始して8日目からが目安です。ホルモンにより排卵がストップするのに8日程度かかるためです。 トリキュラーは毎日服用していれば、休薬期間中も避妊効果は持続します。ただし、休薬期間が終わっているのに気づかず、飲み忘れがないように注意しましょう。

■生理痛やPMS(月経前症候群)の緩和

PMSを引き起こす主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。排卵から月経の間に黄体ホルモンが急激に低下すると、神経伝達物質の機能が低下し、心や身体の変調をもたらします。 低用量ピルは血中の黄体ホルモンを増加させるため、PMSの原因を取り除くことにつながります。 また、トリキュラーをはじめとする低用量ピルは排卵を抑えることで、生理痛(月経困難症)の改善も可能です。生理前の抑うつやイライラ、頭痛などで悩んでいる方は、低用量ピルで症状の緩和が期待できます。

■ニキビや肌荒れの改善

ニキビの原因のひとつは、ホルモンバランスの乱れです。生理やストレスによって女性ホルモン「プロゲステロン」の量が増加すると、皮脂の分泌が促され、ニキビができやすくなります。 トリキュラーは、プロゲステロンの産生を抑えることが可能です。服用後すぐにニキビが治るわけではありませんが、長期の服用によって肌トラブルの改善を目指せます。 ただし、ニキビの原因はホルモンバランスだけではありません。そのため、トリキュラーの服用でニキビが悪化するケースが稀にあります。 ※どの低用量ピルでも肌荒れやニキビ予防・治療の効果が同じではありません。 三相性とよばれるトリキュラーやラベルフィーユよりも、一相性とよばれるマーベロンやファボワールの方がより効果が高いと言われています。

はじめに赤褐色の錠剤を6日間、次に白色の錠剤を5 日間、次に淡黄褐色の錠剤を 10 日間飲んでください。
1日1錠を毎日一定の時刻に赤褐色の錠剤から順番に28日間連続して飲みます。
月経が終わっていても続いていても、同様の方法で、避妊する期間、繰り返し飲みます。

副作用

吐き気・むかつき・乳房のはり・痛み 頭痛・偏頭痛・下腹部痛・下痢・むくみ・体重の増加

服用しはじめて最初の数日間は吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなど、妊娠初期に似た症状が起こることがあります。
体が慣れるまでの一時的なものとなり、少量の不正出血が起こることもありますが、たいていは4~5日でおさまります。

ピルは女性ホルモンが主成分の薬であるため、乳がんなど女性ホルモンに由来する病気にかかっている・かかったことのある方は服用することができません。
また、ピルの成分であるエストロゲンに血液を固まりやすくさせる特性があるため、血栓症のリスクが高くなる可能性のある方も服用できません。

【ピルを服用できない方】
重い持病のある方
原因不明の不正出血のある方
高血圧の方
静脈血栓症などの病気にかかったことがある方
ひどい偏頭痛のある方
35歳以上で1日に15本以上喫煙される方
乳がん、子宮体がんの疑いがある、またはかかっている方
妊娠中、出産後6週間以内、授乳中の方

ミニピルとは

セラゼッタ_アートボード 1

セラゼッタは黄体ホルモンのみを含むため、一般的なピルを使用する際のリスクがありません。
さらにエストロゲン作用を持たないことから、エストロゲンによって症状の悪化が懸念される乳がんや子宮がんの方でも、症状が悪化するといった心配なく服用できます。

■避妊効果
生理周期の排卵期の排卵を抑える効果があり、排卵が行われたとしても薬によって子宮頸管の粘液の状態が通常と変化するため精子の侵入を防ぎ受精しないようになっています。 また、子宮内膜を肥厚させにくくし、受精卵が子宮内膜で着床することを防ぎます。これらの効果は毎日決まった時間に正しく服用することで得られることができますので、 飲み忘れや前回の服用から24時間経過した後に服用した場合は避妊することが出来なくなってしまいます。その点はご注意ください。

■卵胞ホルモンによる副作用が少ない
通常使用されているピルにはエストロゲンが入っており、肥満の方や35歳以上の方はエストロゲン量の増加による子宮体がんや卵巣がんのリスクがあることから、 使用しにくいというデメリットがありました。 しかし、ミニピルは黄体ホルモンのみで、卵胞ホルモンが含まれていないためピルで挙げられていた血栓症などの副作用がないことや子宮体がん・卵巣がんのリスクがある 35歳以上の方、肥満傾向の方でも使用することができるお薬です。

セラゼッタは、1シート28錠の白色の避妊薬で、全ての錠剤が同じ量の黄体ホルモンを含有する1相性の経口避妊薬です。
1日1錠を毎日決まった時間に飲み1シート28錠で1周期分となります。
生理が始まった1日目から服用を開始し避妊を続けたい期間まで飲み続けましょう。 ミニピルはできるだけ服用時間のずれが3時間以内になることが望ましいお薬ですので、いつもの服用時間から12時間以上時間がずれてしまうと、避妊効果は無くなってしまいます。
3時間以上ずれてしまった場合には、服用を続けながら1週間以上はコンドームを利用して避妊しましょう。

副作用

不正出血・乳房の張りや痛み・頭痛・気分不良・月経不順・イライラ


不正出血はミニピルの飲み始めに見られる可能性がありますが、お薬に身体が慣れてくると徐々に軽快していきます。
また、ミニピルは、エストロゲンを含んでいないため、低用量ピルで問題視されていた“血栓症”のリスクがほとんどありません。

【ピルを服用できない方】

乳癌、子宮内膜癌、子宮頸癌などのホルモン依存性癌の既往歴又はその疑いのある方
診断の確定していない異常性器出血のある方
急性又は重篤な肝機能障害又はその既往歴のある方
妊婦又は妊娠している可能性のある方

アフターピル 販売価格

先発・代表薬剤

商品名

販売価格(税込)

ノルレボ錠1.5mg

レボノルゲストレル1.5mg「F」

¥7,700

低用量ピル 販売価格

商品名

販売価格(税込)

トリキュラー 28 (28錠1セット)

¥2,980
初診料金:¥1,000(再診の場合、診察料金は0円)

ミニピル

商品名

販売価格(税込)

セラゼッタ (28錠1セット)

¥2,980
初診料金:¥1,000(再診の場合、診察料金は0円)

FAQ よくある質問

ご受診者様だけでサービスが完結いたしますので、誰にも知られずにご利用することができます。
配送するお薬などは中身が分からないよう品名や発送元名の具体名を伏せて表記する事も可能です。

ピル服用開始後しばらくしてから、不正出血のようなものが見られることがあります。
ほとんどが少量で茶褐色の出血であり、鮮血ではありません。
飲みは
じめによるホルモンバランスの変化によるものなので、中止せずに服用を続けてください。

飲むタイミングにより異なります。

一般的に、生理開始から5日以内に内服するとその日から避妊効果が期待できます。
生理開始から5日を過ぎた場合、飲み始めてから1週間後以降に避妊効果が期待できます。最初の1週間だけ他の避妊方法を併用してください。

低用量ピル

1日1回1錠 毎日同じ時間帯に飲まれるのをオススメいたします。
時間帯に関しましては、特に決まりはございませんのでご自身のお好きなタイミングに合わせてお飲みください。

ミニピル

ミニピルは3時間以上服用時間がずれてしまうと効果が失われてしまう可能性が有り12時間以上ずれると避妊効果がなくなります。
避妊を目的として服用する場合には特に厳重な服用管理が必要です。

女性は35歳を超えるとエストロゲンの量が徐々に低下していきます。更年期を迎える40代、50代の方は、子宮体がんや卵巣がんが好発
しやすく、そのリスク因子となるのがエストロゲンです。セラゼッタは、エストロゲンを含まないため40代、50代の方でも服用することができます。
また、ピル服用中に喫煙すると、血栓症のリスクが上がってしまうことがわかっているため、血栓症リスクが低い(エストロゲンが含まない)セラゼッタは、喫煙者の方でも服用できます。通常、授乳中の方も、低用量ピルのエストロゲンの影響によって母乳の量が減ってしまうことがあるため、低用量ピルは使用できませんが、ミニピルであれば、授乳期間中も服用することができます。

初経が終わり、16歳以上から閉経近く(50歳くらい)まで服用できるお薬です。

低用量ピル

低用量ピルの重大な副作用である血栓症のリスクが高くなる可能性がある為、40歳以上になると服用を中止していただく場合もございます。
40歳を超えてからの、低用量ピルの服用は一度、ご相談下さい。
なお、日常的に喫煙をしている方は、35歳を超えると原則服用はできません。

ミニピル

エストロゲンが含まれていないため、40代・50代以上の方や喫煙者の方も服用することが可能です。

一般的には、塗り薬・目薬・風邪薬・解熱剤・胃腸薬・鎮痛剤・便秘薬・抗アレルギー薬・漢方などは併用しても問題ありません。

特に問題はありませんが、飲み過ぎて嘔吐や下痢をすると避妊効果は弱くなってしまいますので注意が必要です。

機内持ち込み手荷物でも、預け入れ荷物でも持って行くことができます。
時差がある場合は日本で内服していた時間に服用、もしくは数時間ずらして確実の内服できるよ
うスケジュールを立てましょう。

身体に影響を与える効果は全く同じです。両者の違いは偽薬の有無です。
28錠タイプには+7錠偽薬が含まれており、薬剤は含まれておらず、飲み忘れを防止するためのものです。

オンライン診療

ONLINE

当院ではオンライン診療を行なっています

オンライン診療のメリット

STRONG POINT

POINT 01

都合のいい時間場所で
診療を受けられる

都合のいい時間場所で診療を受けられる

POINT 02

感染症のリスク病状の
悪化を予防できる

感染症のリスク病状の悪化を予防できる

POINT 03

お薬が指定の住所に届く
最短即日発送

お薬が指定の住所に届く最短即日発送

POINT 04

忙しい人も大丈夫!
移動待ち時間なし

忙しい人も大丈夫!移動待ち時間なし

STEP1

最適な診療を行うため簡単な問診にお答えください。問診フォームは、公式LINEに登録いただくか、下記問診フォームからお答えいただけます。

STEP2

問診フォーム回答後、「ONLINE診療予約」ボタン、又は、公式LINEの予約フォームからご希望の日時を選択してください。

STEP3

問診票の内容をもとに、ビデオ通話を利用してオンラインで診療を行います。お悩みや症状を確認しながら治療内容や費用等の説明を致します。

STEP4

診察の内容から患者様一人一人に合わせた薬を処方します。処方した薬はご自宅や、ご希望のご住所にお届けします。

お気軽にご相談ください

CONTACT

M&MクリニックではLINEによる無料相談も受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。

〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-7-5 四ツ橋GTCビル11階

TEL:06-4400-1903

【 営業時間 】
平日  9:00〜13:00 18:00〜22:00
土日祝 10:00〜19:00

診療時間
11:00 ~ 19:00
X
X
X
X